個人建設業許可業者が法人成りした場合の入札参加資格承継<大分県版>について。これまでの1問1答の形式ではなく、行政書士との対話形式により、分かりやすく回答しています。

0120-1717-22 電話受付 月~金曜 9:00~18:00

個人建設業許可業者が法人成りした場合の入札参加資格承継<大分県版>

icon-Q

この間は経営事項審査と実態調査ありがとうございました。

お疲れ様でした。

icon-A
icon-Q

実は決算の内容を見てそろそろ法人成りしようかと考えています。 法人成りしたら今後の手続を教えてもらいたいのと、これまでの実績は最初からになるんですか?

分かりました。

まず建設業許可ですが、個人での許可を法人に引き継ぐことができないので新規で取り直しになります。
次に、個人での入札参資格や格付けは手続きをすれば法人に引き継ぎができます。

icon-A
icon-Q

安心しました。時期は今年の12月31日の決算まで待たないといけないんですか?

いいえ。今回は1月1日から法人設立前日までの決算をしてください。年の途中でも決算はできます。

icon-A
icon-Q

分かりました。次に何をしたら良いですか。

出来あがった決算書をもとに、年の途中ですが、再度経営事項審査を受ける必要があります。

icon-A
icon-Q

もう一度受けるんですね。

そうすると結果通知書ができすので、そこで建設業における個人許可の廃止手続きと、大分県への入札参加資格承継申請を行います。

icon-A
icon-Q

そんな手続きがあるんですね。はじめて聞きました。

はい。複雑な手続きですが、弊所は実績がありますのでご安心ください。

icon-A
icon-Q

ありがとうございます。これで安心して法人成りができます。

個人建設業許可業者が法人成りした場合の入札参加資格承継について

ご理解いただけましたでしょうか。

after
answer

行政書士
穐田 英一郎

穐田が回答いたしました。

個人事業者様が法人成りするパターンは多いですが、せっかく個人で入札参加資格申請をしていて、法人成りしてまた一から実績を積み始めるのはもったいないです。法人成りしようかと思われた段階からご相談いただければスムーズな手続きが可能と思われますので是非お早目にご相談ください。

以上、大分の行政書士の穐田が回答いたしました。

一覧に戻る

お電話応対について

電話受付

月~金曜 9:00 ~ 18:00

0120-1717-22

当事務所は行政書士2名、補助者2名の4名おりますが、営業時間中に調査立会や官公庁への訪問などに動くことがあり、どうしても電話に出られない場合がございます

留守番電話及び着信を残していただけましたら、当事務所より折り返しご連絡いたします。

※土曜日も予めご相談予約を入れていただければ快く対応いたします。